佐賀市の県護国神社(徳久俊彦宮司)で13日、戦没者と自衛隊殉職者をまつる春季大祭が始まった。戦没者遺族の高齢化に伴い、例年3日間の期間を今年は14日までの2日間に短縮して開催。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加