建設機械を写真入りで紹介している「こども建設新聞」の第2号

 建設業協会佐賀の青年部(内田良平部長)は18日の「土木の日」に合わせ、小中学生に建設業の魅力を伝える「こども建設新聞」を発行する。昨年に続く第2号で、子どもたちに人気の建設機械を写真入りで紹介している。佐賀市内の小中学校に約1万8千部を配る。

 「建設機械図鑑」と題して油圧ショベルやダンプトラック、地盤改良機などを紹介し、まちづくりや災害対策など幅広い建設業の仕事を解説している。A4版カラー4ページ。表紙には、リオデジャネイロ五輪で活躍したラグビーの副島亀里ララボウラティアナラ選手を起用した。

 内田部長は「建設機械の写真を見て、建設業の魅力を直感的に理解してもらえれば」と話す。こども建設新聞は、佐賀県内では小城建設業協会なども発行している。

このエントリーをはてなブックマークに追加