助成金が贈られた、佐賀大学医学部社会医学講座講師の松本明子さん(右)と鳥居真太郎佐賀支店長=佐賀市の大和証券佐賀支店

 中高年の医学や保健、介護の調査研究を助成する大和証券ヘルス財団の本年度助成先が決まり14日、佐賀市の大和証券佐賀支店で、佐賀大学医学部社会医学講座講師の松本明子さん(41)に賞状と目録100万円が贈られた。

 本年度助成先は30件。贈呈式には大和証券佐賀支店の鳥居真太郎支店長と大和証券ヘルス財団の谷口英幸理事・事務局長が出席し、鳥居支店長は「応募総数261件の中から研究活動が認められた」とあいさつした。

 松本さんは病気の原因となる慢性炎症を研究。炎症を促進させる飲酒や喫煙、緩和させる歩行などの身体活動の影響が、遺伝子によって違いがあると予測し、助成金は遺伝子を判定する試薬に使う。松本さんは「日本人の疾病予防に役立つような成果を出せるよう、活用させていただく」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加