東名(ひがしみょう)遺跡から出土した物を使って縄文時代を学ぶ授業が12日、佐賀市の東与賀小(梶原伸一校長)であった。東名遺跡を広く知ってもらおうと市内の小学6年生を対象に実施している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加