幼い頃から消防の大切さを知ってもらおうと、多久市北多久町の多久消防署(小川克徳署長)は市内の園児らを招いて「一日消防署体験」を開いた。園児たちは、はしご車搭乗や消火活動に歓声を上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加