深川製磁(西松浦郡有田町、深川一太社長)は、29日から始まる有田陶器市で、江戸時代にヨーロッパへ輸出された染付の磁器や、明治期に人気を集めた朝顔の意匠の食器などを限定復刻し、特別価格で販売する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加