飛鳥時代から現代まで、仏像は連綿と造り続けられてきた。ものの本によると、平安時代には白河法皇だけでも生涯に6200体もの仏像を造らせたという◆そこに救済を求める人々の心がある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加