子どもたちの安全を守ろうと、東脊振小PTA(多良弘典会長)が防犯看板を作成した。昨年度、母親部が実施したバザーの収益金を活用して製作した。13日、校門前などに設置し、まちの防犯意識の向上につなげる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加