地域貢献賞を受賞した佐賀新聞山内販売店の岩﨑宏太店主=東京・内幸町の日本プレスセンタービル

 日本新聞協会の地域貢献大賞の表彰式が17日、東京・内幸町の日本プレスセンターで開かれ、「地域貢献賞」を受賞した佐賀新聞山内販売店(武雄市山内町)の岩崎宏太店主(36)に盾とメダルが贈られた。

 山内販売店は1998年10月から町内ゲートボール大会を毎月開いている。毎回約15チーム100人以上がプレーし、18年目となる今年10月で計216回、延べ参加者は2万1千人を超えた。成績は販売店のミニコミ紙や佐賀新聞紙上で紹介し、優勝チームには記念写真と掲載新聞をラミネート加工してプレゼントしている。

 選考では、大会が健康づくりだけでなく、地域の交流や見守りにも役立っていると評価された。岩崎さんは「前店主の父が始めたこの大会が多くの住民に喜んでいただいているのが何よりうれしい。これからも大切に続けていきたい」と笑顔を見せた。

 優れた地域貢献活動に取り組む新聞販売店に贈る地域貢献大賞は2007年に創設され、今回は62件の応募から、大賞と特別賞それぞれ1件と、貢献賞22件を選んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加