国の文化審議会は21日、2018年の世界文化遺産登録を目指す候補の選定に向け、文化財の専門家らでつくる特別委員会の初会合を開いた。検討対象は、地元自治体が3月末までに推薦書素案を提出した4件。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加