麦の収穫で発生する麦わらの焼却処分率が、15年産で県平均13・4%となり、10年前の3分の1以下まで低下したことが、JAと行政、生産者代表でつくる「県稲わら・麦わら適正処理対策会議」のまとめで分かっ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加