過重な勤務体制や長時間労働を強いられる「ブラックバイト」が社会問題化する中、佐賀労働局は大学1年生がアルバイトを始める4月から、労働条件の確認を求めるキャンペーンを初めて実施している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加