■山間部から離島まで問題点浮き彫りに 唐津市消防団唐津支団(浦田友宏支団長)は、支団内の全14分団がそれぞれの担当地区の危険箇所をまとめた「防災マップ」を作製した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加