■終了間際に悪夢再び 悪い流れを断ち切ることができない。鳥栖は磐田より多くの好機をつくりながら、公式戦3戦続けて「0-1」。攻撃の嫌な流れは守備に波及し、またも終了間際の失点に涙を飲んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加