福岡県大川市の高木病院(高木邦格理事長)で健康講座が開かれ、地域住民ら約80人が参加した。年々進歩する不妊治療をテーマに、培養器を使った体外受精や子宮鏡下手術など最新の治療法を紹介した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加