佐賀県の山口祥義知事は26日の定例会見で、熊本地震に関連し、原発の安全に関する情報を「タイムりーに発信していく仕掛けが必要」と述べ、住民に分かりやすく提供するよう原子力規制委員会などに注文をつけた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加