地方創生から市町支援、国際交流、空港や新幹線などの交通インフラ。地域交流部の「守備範囲」は広い。「交流をキーワードに再編した理念を自分なりに考えて仕事を見つめ直そう」。職員にそう呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加