高レベル放射性廃棄物を埋設する最終処分場の選定を巡っては現在、国の議論が本格化しており、年内には全国の「科学的有望地」が提示される見通しだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加