原発から出る「高レベル放射性廃棄物」(核のごみ)の最終処分場について、東松浦郡玄海町の岸本英雄町長が受け入れに「前向き」と一部で報じられた問題を受け、佐賀、福岡の反原発団体が28日、玄海町に対し「住…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加