町の歴史や文化を学んだ子どもたちがガイドになって町を案内するウオーキングが20日、大町町で開かれる。町内外からの参加を呼び掛けている。

 ガイドを務めるのは小中学生7人。6月から月に1~2回、町のさまざまなことを学んできた。

 20日は午前11時に大町煉瓦(れんが)館を出発。二千年ハスを栽培している池、商店街、一回転すれば全部のお経を読んだのと同じ功徳があると言われている「回転経蔵」がある西福寺、杵島炭鉱の殉職者慰霊碑などを約1時間かけて回る。

 午前10時からは「大町の歴史と文化」のテーマで町教委の岩永憲二郎さんが話す講演会もある。当日参加でき、駐車場は町公民館を利用する。

 子どもたちが町のことを学ぶ勉強会は「杵島炭鉱変電所跡活用推進会」が、8年前から行っている。問い合わせは大西さん、電話090(3677)6821。

このエントリーをはてなブックマークに追加