九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(FGT、軌間可変電車)の厳しい事情が判明した18日、長崎県の自治体トップには困惑や懸念が漂った。

 「もう無理だ。開発は見通しがたたない」。こう強調するのは、長崎県議会の同ルート建設促進議員連盟の八江利春会長。保守コストの増加に難色を示すJR九州について「冗談じゃないと思っただろう」と“心中”を推し量り、「開業が迫る長崎ルートは一気に全線フル規格に転換すべきだ。FGTはじっくり開発して別の路線で運行を」と述べた。

 度重なる開発スケジュールのずれ込みに自治体トップも遺憾の意を表明。中村法道知事は「残念。これ以上大きな遅れが生じないよう国に要請する」との談話を発表。長崎市の田上富久市長は「(暫定開業時の)リレー方式の先にある姿が見えない中、地元は新幹線時代を見据えたまちづくりを進めている。(FGTを進めるか)最終的なあり方を早めに示して」と求めた。

 大村市の園田裕史市長は、25年のFGT量産車による本格開業が遅れる可能性を懸念。そうなれば「リレー方式が長くなり、利便性が低下する」と不安視した。(長崎新聞社提供)

このエントリーをはてなブックマークに追加