九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(FGT、軌間可変電車)の厳しい事情が判明した18日、長崎県の自治体トップには困惑や懸念が漂った。 「もう無理だ。開発は見通しがたたない」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加