「うれしの茶」のブランド力をさらに高め、ここ2年遠ざかっている全国茶品評会での最高賞を奪還しようと、嬉野市嬉野町岩屋川内の清水茶業組合(池田安尚組合長)が、新茶の手摘みに取り組んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加