「佐賀麦ステップアップ推進研修大会」が小城市で開かれた。高温多雨で2009年以降、収量の低下傾向が顕著で、本年産も収穫直前の雨などで不作だったことを踏まえ、適期播種や排水対策の徹底を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加