■繁殖農家、収入増も期待 唐津市鎮西町にあるJAからつの肉用牛集出荷施設で18日、繁殖農家が所有する母牛31頭から複数の受精卵を採卵し、そのまま111頭の乳牛や和牛に移植するプロジェクトが始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加