一番好きなトランプのゲームは「大富豪」だ。エースやキングなど手持ちのカードが強いほど有利だが、同じ数字を4枚並べたら「革命」が起き、強さの序列が真逆になる。そのスリリングさがいい◆米大統領選はまさに革命だった。富が一握りの富裕層に集中する現状への低所得者の不満が、本物の大富豪トランプ氏の勝利を導くのだから選挙は分からない。ただ、ゲームの大富豪が何度も「革命」を起こせるように、強い者が強いという元の状態に戻ることは簡単だ◆トランプ氏が勝てば、経済は大混乱と言われていたが、ふたを開ければ日米ともに株高だ。リーマン危機後の金融規制が緩和される見通しのためという。大金持ちが、富裕層が損する政策をするはずもないということだろうか◆さて、日本はどう関わるべきか。トランプ氏の差別主義的な発言は世界で懸念されている。安倍首相がいち早く会談したことに賛否両論あるようだが、これ以上、奔放にならないようにつなぎ止める点では評価していい。口だけならまだしも、実際に行動に移されては世界の民主主義が危うくなる◆とはいえ、人種差別に敏感な欧州やイスラム諸国はまだ懐疑的だ。首相は趣味のゴルフ話でウマが合うことを確認できただろうが、当分は世界の目を意識してポーカーフェイスの外交に徹してほしい。(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加