鹿島市の祐徳博物館で、祐徳稲荷神社所蔵の名品展が開かれている。「明治の三筆」と称される小城出身の中林梧竹の書をはじめ、神社や佐賀にゆかりのある書14点が飾られている。6月7日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加