鳥栖は前半終了間際のピンチをGK林の好守などで防ぎ、終わってみれば無失点。シュートがわずか2本と、攻撃面で課題は残ったが、フィッカデンティ監督は「互いにスペースをつぶし合った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加