九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)の重大事故時の緊急時対策所を「免震重要棟」から「耐震構造」の施設に計画変更したことを受け、共産党佐賀県委員会(今田真人委員長)は18日、抗議文を九電に提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加