調査会社のMM総研(東京)が19日発表した国内タブレット端末の出荷状況によると、2015年度の出荷台数は前年度比2・8%減の903万台だった。調査を開始した10年度以降で前年割れは初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加