広島4-1阪神 広島が2試合続けて延長戦を制した。1-1の十二回、2死から磯村の左前打で勝ち越し、菊池の2点三塁打で突き放した。復帰の黒田が1失点と粘り、救援陣は得点を許さなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加