全日本書道コンクールで21連覇中の佐賀北高書道部による揮毫(きごう)会が21日、佐賀市呉服元町の656広場であった。部員らは大筆を使いダイナミックに文字を書き、集まった観客は日本一の書を体感した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加