唐津市本町の旧唐津銀行で21日、「伝統パターンのキルト展」が始まった。同市東唐津出身の久保山春代さん(72)=多久市南多久町=の初の個展で、30年の針仕事が生んだ色彩の世界に大勢の人が見とれていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加