■戯画的な面白さ演出 1946年、ピカソは“陶工の町”として知られる仏・ヴァロリスで製陶業を営むラミエ夫妻と出会う。陶芸の面白さに目覚め、絵画と彫刻の要素を合わせ持ったその表現方法に熱中している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加