浦和が放ったシュートはわずか5本。決定機と呼べる場面はなかった。前節の新潟戦に続いて下位と0-0で引き分け、勝ち点3を取りこぼした。鳥栖の堅守を崩せず、興梠は「本当にスペースがなかった」と嘆いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加