伊万里署(鶴直人署長)は26日、管内の22金融機関を対象にニセ電話詐欺撲滅に向けた臨時会議を開いた。窓口から現金を引き出す時点で被害を食い止める“水際対策”の重要性を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加