唐津市の坂井俊之市長が代表を務める自民党支部が企業・団体献金を個人後援会に寄付していた問題で、佐賀地検は21日、政治資金規正法違反容疑で告発されていた坂井市長を嫌疑不十分で不起訴にした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加