リオ五輪の競泳女子200m平泳ぎ決勝が11日行われ、金藤理絵が2分20秒30で優勝。1936年ベルリン五輪の前畑秀子、92年バルセロナ五輪の岩崎恭子以来3人目。★ウェブ号外はこちら。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加