第95回全国高校サッカー選手権大会(12月30日~来年1月9日)の組み合わせ抽選が21日、東京都内で行われた。2年ぶり9度目の出場となる県代表の佐賀東は2回戦から登場、1月2日午後0時5分から千葉県柏市の県立柏の葉公園総合競技場で石川県代表の鵬(おおとり)学園と対戦する。

 鵬学園は昨冬全国4強の星稜を決勝で下し、全国大会初出場を決めた。MF千葉東泰共やMF越田瞬がチームの柱で、石川大会で延長戦や1点差の接戦を制して勝ち上がった勝負強さが光る。

 佐賀東は、佐賀大会決勝で佐賀北をPK戦の末に下して全国切符を手にした。後半ロスタイムにいったんリードされながら同点に追い付く粘りを見せた。GK中島豊輝らを中心とした守備陣は5試合で2失点と安定。FW川内陽一を起点とする攻撃陣の奮起が勝敗を左右しそうだ。

 2連覇を目指す東福岡は初戦の2回戦で東邦(愛知)と対戦。夏の全国高校総体を制し、5大会ぶりの頂点を狙う市立船橋(千葉)は1回戦で京都代表と当たる。20大会連続出場の青森山田は第91回大会で優勝して以来の出場の鵬翔(宮崎)と対決する。

このエントリーをはてなブックマークに追加