「臨 張遷碑」久光 凜(佐賀清和2年) 

「臨 王鐸」山口 鈴香(佐賀北2年)

「臨 魏靈蔵造像記」遠藤 陽(伊万里2年)

■「臨 張遷碑」久光 凜(佐賀清和2年)

 力強い波磔(はたく)と重厚感ある線質を追求し続けました。構成は、墨量の変化で奥行きを出すことを目標に仕上げました。

■「臨 王鐸」山口 鈴香(佐賀北2年)

 練習では、王鐸特有の字形や線の太細、行間の余白を美しく見せるのに苦労しました。本番では練習してきたことが出せたと思います。

■「臨 魏靈蔵造像記」遠藤 陽(伊万里2年)

 鋭く、力強い北魏時代の造像記を表現しました。今回、このようなすばらしい賞を頂きありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加