■「臨 張遷碑」久光 凜(佐賀清和2年) 力強い波磔(はたく)と重厚感ある線質を追求し続けました。構成は、墨量の変化で奥行きを出すことを目標に仕上げました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加