「臨 呉昌石」 矢ヶ部未歩(佐賀西2年)

「臨 賀蘭汗造像記」 宮﨑千幸(鹿島2年)

「臨 黄庭堅」 原れい(唐津東2年)

■「臨 呉昌石」 矢ヶ部未歩(佐賀西2年)

 直線的な線と、回転する線の調和の面白さを表現したいと思って書きました。特選入賞を励みに、今後も頑張ります。

■「臨 賀蘭汗造像記」 宮﨑千幸(鹿島2年)

 この作品は線一本一本の表情を捉え、表現することが難しかったです。今回特選を頂き、本当にうれしく思っています。

■「臨 黄庭堅」 原れい(唐津東2年)

 北宋・黄庭堅の力強く大胆な線を意識しました。特選を受賞できて光栄であるとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加