「臨 寸松庵色紙」 御厨有寿加(致遠館2年) 

「臨 本阿弥切」 吉次ひかり(佐賀女子2年)

「臨 黄庭堅」 新垣萌音(小城2年)

■「臨 寸松庵色紙」 御厨有寿加(致遠館2年)

 色紙特有の様々な技巧を表現するのが難しく、苦戦しました。何時間も練習したので、入賞できてとてもうれしかったです。

■「臨 本阿弥切」 吉次ひかり(佐賀女子2年)

 普段の練習では、法帖(ほうじょう)をよく見ながら作品制作を行いました。席書会では、行の流れや墨の潤渇などに気をつけて書きました。

■「臨 黄庭堅」 新垣萌音(小城2年)

 抑揚をつけ、流れを意識して書きました。墨の潤滑がうまく出せず焦りましたが、最後には納得のいく作品ができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加