今季のサガン鳥栖は守備において中盤の横幅を3ボランチの豊富な運動量でカバーする。その天敵とも言えるのが浦和や広島のように両サイドが高い位置を取り、攻撃的位置に5枚が並ぶ戦術だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加