「生活の痕(あと)」(組写真3点)

徳永優河(佐賀北高通信制3年)

 普段は何気なく通り過ぎてしまいそうな風景の中にたたずむ、人間の面影を切り取りました。

このエントリーをはてなブックマークに追加