女流棋士2級を目指す武富さん

 龍谷高にはプロ棋士を目指す女子高生がいる。2年生の武富礼衣さん(17)は、女流棋士の育成機関である研修会に所属し、今年5月には女流棋士の資格・女流3級に昇格した。

 小学生のころから兄の影響で始めた将棋。初めは兄に負けたくない一心でルールを覚え対戦していたが、佐賀や福岡の将棋道場で経験を積むうちに、プロ棋士へのあこがれが強くなった。昨年9月、ついに関東の研修会に入会。早くも頭角を現した。

 プロ棋士を目指しているが、大学への進学も視野に入る。そのために自宅に近い龍谷高の特進科を選んだ。3級昇格までは月に2回東京へ通い、学業も両立させる忙しい毎日。そんな中、対局日のあとに友達と買い物やカラオケでリフレッシュする高校生らしい一面も見せる。

 女流3級はプロ棋士の「仮免許」。これから2年以内に勝率などの条件を満たさないと、本格的なプロ棋士資格の女流2級に上がれない。すでに2級昇格をかけた戦いが始まっている。「自分らしい将棋で力を出し切りたい」と武富さん。プロへの扉は目の前だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加