園児たちをアトラクションで楽しませる生徒たち

魚釣りで楽しむ園児

■園児とのふれあい満喫 生徒らアトラクション

 設立5年目の保育コース全学年で運営する一大イベント「サマーフェスタ」。3年前から行うこのイベントは、生徒がアトラクションを用意し、招待した園児に楽しんでもらうものだ。

 3年の運営委員が中心になって今年企画したのは14のアトラクション。迷路や的当てのほか、歯医者やペンキ屋さんの職業体験のような企画も用意した。

 園児たちは1年生の生徒と手をつなぎ、アトラクションを思い思いに回っていた。ペンキ屋さんでは熱心に色を塗り、魚釣りでは一生懸命に針を魚に引っかけて釣り上げる。生徒手作りの小道具で満面の笑みを浮かべていた。

 「用意するのは大変だけど、子どもたちの笑顔を見て楽しくなる」と、実行委員長の松崎麗さん(17)。今年は龍谷の子ども園だけでなく初めて外部の園児も招待し、丸一日を使った。紙で作ったお金で園児たちに経済の一端を学ばせるなど初めての企画もあった。

 高校生たちは園児との触れ合いを満喫しているようだが、「子どもの対応などを、少しずつ勉強しています」(松崎さん)としっかり。暑さこもる体育館で保育コースのみんなに充実感が漂っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加