新型インフルエンザが発生した場合の対応を確認する訓練が21日、鳥栖市の鳥栖保健福祉事務所であった。所員ら約30人が参加し、感染の疑いがある患者を、病院まで迅速に搬送する手順をチェックした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加