九州新幹線長崎ルートに導入予定のフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の耐久走行試験延期に関し、国交省は21日、佐賀県の副島良彦副知事らに判断の経緯や今後の方針を説明した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加