バルーン係留やどんこ舟の遊覧を楽しんだ「直鳥クリーク公園まつり」=神埼市千代田町の直鳥クリーク公園

 「直鳥クリーク公園まつり」が20日、神埼市千代田町の同公園で開かれた。家族連れや近所の住民ら500人が来場し、バルーン係留や公園内のクリークでどんこ舟の遊覧を楽しんだ。

 会場では手作りの竹馬やお手玉、あやとりなどの昔遊びが楽しめ、高齢者と子どもたちが交流を深めた。地区の子ども会が育てたサツマイモで作った天ぷらや落花生も振る舞われた。

 バルーン係留や地元消防団がこぐどんこ舟は特に人気で列ができた。毎年訪れるという千代田中部小5年の坂井佑希菜さん(11)は「どんこ舟の穏やかに前に進むところがいい。昨日の雨で(川の)水位が高く、橋の下を通るところが面白かった」と話した。

 祭りは世代を超えた住民同士の交流を深めようと開いた。地区住民ら有志でつくる実行委員会が主催し、今年で5年目。

※佐賀新聞電子ビューア(http://www1.saga-s.co.jp/viewer/plan.html)に動画

このエントリーをはてなブックマークに追加