青森県三沢市の米穀販売業者が売り出した「PeboRa(ペボラ)」

 青森県三沢市の米穀販売業者が売り出した「PeboRa(ペボラ)」と呼ばれる商品が人気だ。350ミリリットルの小型ペットボトルにブランド米2合を詰めたもので、ペットボトルライスから名付けた。「ひとめぼれ」「あきたこまち」など全国から厳選した約35銘柄を1本数百円で販売。気軽に食べ比べできるのが特徴で、贈り物などで購入する人が多い。

 販売する業者は「PEBORA」。コメ消費量の落ち込みに危機感を抱いた川村静功社長が昨年4月からインターネットなどで販売を開始。1年で約5万本が売れた。

 パッケージはカラフルで、詰められているコメの銘柄を大きく表記。すぐに炊けるよう、どの銘柄も無洗米にした。価格は銘柄や収穫量で変動するが1本400~900円程度。川村社長は「全国各地の銘柄をペボラに詰めて販売し、世界中に日本のコメを発信したい」と意気込んでいる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加