環境省は21日、鳥取市内で見つかったコガモなどのふんと、秋田市大森山動物園(同市浜田)で飼育中に死んだコクチョウ2羽から検出された鳥インフルエンザウイルスは、いずれも高病原性(H5N6型)だったと明らかにした。事態を受け、警戒レベルを最高の3に引き上げた。調査の頻度を上げるなど、野鳥の監視を強化する。

 環境省によると、コガモのふんは鳥取大が15日に独自の調査で採取。環境省は21日、採取地点から10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。死骸は見つかっていない。

 秋田市のコクチョウは簡易検査で陽性反応が出たため、北海道大が確定検査を実施していた。

 また、北海道中標津町で死んでいるオオハクチョウから検出され、遺伝子検査で陽性だったウイルスは、確定検査の結果、高病原性ではなかったことが確認された。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加